自営業でも借りれるローン会社を紹介!

自営業者がお金を借りる方法は2つ!

自営業者がお金を借りる場合、サラリーマンやフリーター、パートさんが利用する「フリーローン」に加えて、「事業資金」という選択肢もあります。

「フリーローン」は基本使途自由ですが事業資金としては借り入れできません。

事業のつなぎ資金や運転資金としてのお金を融資してもらいたいなら「事業資金」を選びます。

旅行費用や交際費、ショッピングなどに使うお金を借りたいなら「フリーローン」を選びます。

といっても、借り入れする時はショッピングと言いつつ「フリーローン」で借りて、そのお金を自分のビジネスに回している自営業者もいそうですけどね(笑)

借りたお金をどう使ったかなんて、分からないですからね。。

フリーローンでお金を借りる場合

フリーローンでお金を借りるなら、テレビCMなどをしている大手ローン会社で借りるようにしましょう。

対応も親切で迅速ですし、仮に支払いが苦しくなったとしても柔軟に相談に乗ってもらえます。

あまり名前も聞いたことないようなローン会社ですと、潤沢な資金がないので、なにかと厳しい印象がありますから。

では、自営業者がフリーローンとしてお金を借りる時のオススメのローン会社を紹介しますね(^_^)

パソコン、スマホから申込できます。360日24時間申込OK!

サービス 実質年率/融資額 最短審査時間 特徴 対象
無利息期間あり
プロミス
4.5%〜17.8%
1〜500万円
最短30分 三井住友フィナンシャルグループのグループ会社
30日間無利息。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
平日14時までにWEB契約完了で当日振込。借入れ3秒診断。
主婦、学生でもパートやアルバイトで安定した収入がある場合は申込可能。
アコム
4.7%〜18.0%
1〜500万円
最短30分 三菱UFJファイナンシャル・グループ
30日間無利息。
3秒診断でお借入れ可能かすぐに分かる。
はじめての方でも来店不要で即日振込も可能。
10万円借りても返済は月5,000円からでOK。
主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員でもでも安定した収入があれば申込可能。
モビット
3.0%〜18.0%
1〜800万円
最短30分 三井住友銀行グループ
「PCからWEB完結申込」なら申込み時に電話連絡と郵便物がなし。10秒簡易審査。
アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方でも安定した定期収入があれば利用可能。

事業資金でお金を借りる場合

2010年6月に貸金業法が改正され、「総量規制」という新たな法律が導入されました。

これは「年収の3分の1以上は借り入れできない」という法律です。

たとえば、年収600万円の人はその3分の1である200万円以上の借り入れはできないということです。

そして、この場合の借り入れとは「消費者金融からの借り入れ」と「クレジットカードのキャッシング枠からの借り入れ」です。

すでに消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠で借り入れをしており、その額が年収の3分の1に達している人は、新たに「フリーローン」による借り入れはできません。

しかし、「事業資金」は総量規制の対象外のローンなのです。

ですから、過去に「フリーローン」でたくさんお金を借りていて、総量規制にひっかかって新たな借り入れができない自営業者は「事業資金」としてなら借りれるのです。

「事業資金」を借りるのにオススメの会社は以下の3つです。

会社名 実質年率 最大融資額 特徴 対象
ORIX CLUB CARD
6.0%〜17.8% 最高500万円 最短60分で審査可能。コンビニATMでも利用可能。来店不要。
平日14:30までに契約手続きが完了すれば、当日融資も可能。
経営者、個人事業主専用カードローン
ビジネクスト
8.0%〜15.0%
(融資額100万円以上)

13.0%〜18.0%
(融資額100万円以下)
1〜1000万円
※新規時取引は上限500万円
保証人なしで審査の翌日には融資可能。総量規制対象外。 取引先への支払い、従業員の給料、設備増設、税金の支払いなどで事業資金が必要な方。全国対応。
個人事業主・法人向けローンのMRF
4.0%〜9.9% 最大3億円 赤字決算でも融資可能な場合があります。来店不要で24時間以内に仮審査対応。営業マンの質が違う。 個人事業主と企業経営者に限定。
九州、中国、四国地方をカバー。

ウェブから申し込み後に担当者から電話がかかってくるので、その電話には必ず出るようにして下さい。

ラーメン屋を営むAさんの場合

Aさんは元々、大手企業のサラリーマンでしたが、食べることが大好きで子供の頃からの夢であったラーメン屋をやるために脱サラしました。

最初は調子良くお客さんが入ってきましたが、東日本大震災をきっかけに一気に客足が途絶えてしまいました。。

過度の自粛ムードで外食する人が減ってしまい、「外で派手に食べ回る事=悪」という雰囲気も後押しし、震災前に比べてお客さんの数は10分の1ほどになってしまったのです。

数ヶ月後には貯金も底を突き、いよいよ「ヤバイ・・・」という状況になってきました。

しかし、Aさんは何となく感じていました。もうちょっとすれば、震災前と同じような雰囲気に戻り、客足も回復すると。

そこで、Aさんは当面の資金を調達するために「ORIX CLUB CARD」で事業資金を借りました。

そして、3ヶ月後にはAさんが感じていた通り、日本自体の雰囲気が良くなり始め、「過度の自粛ムードはさらなる不景気を後押しするだけだ」ということで、外食する人も増えてきました。

Aさんは毎日増え続けるお客さんにラーメンを作りながら、毎月ちょっとづつ返済をしています。

そして、いつか自分のラーメン店をチェーン店にするという夢に向かって頑張っています。

自営業や経営者におすすめのサイト